神戸市北区‐三田市の鍼灸・整体が専門の梶谷接骨院・鍼灸院

頭痛

薬が手放せない頭痛でお悩みの方へ

 

  • 病気でもないのに頻繁に頭痛が起きる
  • 頭が締め付けられるように痛い
  • マッサージしても改善しない
  • 薬に頼りたくない

 

一般的な分類とその原因

 

機能性頭痛

片頭痛

拍動性でズキズキする痛み
緊張型頭痛 締め付けらるような痛み
群発性頭痛 目の奥がえぐられる激しい痛み
症候性頭痛(脳出血など)

突然起こる激しい痛み

 

鍼灸が対応できる頭痛は機能性頭痛になります。

機能性頭痛は3つに分類され、片頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛と言われています。

 

片頭痛

頭の側面を中心としてズキズキと痛み、主に片側のみに症状が出現することが多い片頭痛。片頭痛の原因の多くは頭部への血液供給が過度になり頭部の血管が拡張した状態になる「血管説」が有力とされていますが、まだ、解明されたとは言えません。しかし、頸コリ・肩こりが片頭痛の発生の契機となることがわかってきています。

 

緊張型頭痛

後頭部などが締め付けられるように痛む緊張型頭痛。緊張型頭痛の多くの原因は長期的な無理な姿勢や同じ姿勢が続いたり、精神的なストレスによって、首・肩・背中の筋肉が固まってきて頭への血液循環が悪くなることです。 緊張型頭痛は頭痛全体の80%を占めますが、頸コリ・肩こりを治せば、ほとんどが治るといえます。

 

群発性頭痛

頭痛全体の1%にすぎません。片目周辺に耐えがたい激烈な痛みが起こるのが特徴です。発生のメカニズムはまだ分かっていませんが、頭蓋血管、特に内頸動脈の炎症による血管拡張、浮腫、発痛物質説が有力です。群発頭痛が発症する際、強い頸・肩こりがある場合が多く、これを解消すると頭痛が治まることが分かってきました。

 

頭痛治療の問題点

鎮痛剤と頭痛

鎮痛剤と頭痛について

一般的に頭痛治療の主流は、痛み止めの服用による痛みの緩和です。痛みを軽くするだけなら鎮痛剤がお手軽です。でも、薬を飲み続けることで引き起こされる、副作用にも注意が必要です。心筋梗塞や脳卒中、腎不全のリスクが増大するのはもちろん、痛み止めが痛みを誘発する「薬物乱用性頭痛」にも注意が必要です。

 

手軽さは魅力ですが、本当に治そうとお考えになるなら、いつかは鎮痛剤とお別れしなければなりません。

 

梶谷接骨院・鍼灸院での頭痛の施術

機能性頭痛が発生する裏には、頸コリ・肩こりが潜んでいます。

ただし、「頭痛の原因は肩こりです」と一言で片付けるわけにはいかないのです。頭痛を治そうと思うなら、肩こりを引き起こしている原因に迫っていかなければなりません。そのためには高い専門知識が必要です。

臨床の経験から、緊張性頭痛、片頭痛、群発頭痛と関連する頸コリ・肩こりは、それぞれタイプが違うことを確認しています。

また、頭痛の原因の多くは、頸コリ・肩こりにありますが、頸や肩をいくら揉んだりマッサージしても頭痛は解消されません。頸コリ・肩こりを引き起こしている原因を解消しなければ、頭痛は解消されないのです。

頭痛を引き起こしている頸コリ・肩こりの原因は、骨格的な問題はもちろん、内臓の不調も関係してきます。

 

 

頭痛を引き起こす肩こりの原因

頭痛に悩まされず、薬や施術に頼らない生活を手に入れるためには、総合的な視点に立つ根本的な頭痛治療が必要になります。そのためには高い専門知識が必要です。

梶谷接骨院・鍼灸院では、症状のある部位(痛いところ)だけにとらわれず、その症状を起こしている原因を突き止めるように施術いたしております。

運動力学、生体力学、運動機能解剖学の観点から原因を見つけたうえで施術を行っておりますので、病院や整体院などで改善しなかった場合であっても諦めず、ぜひ当院の施術を受けてみてください。

  • 078-982-7090
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2019年11月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【兵庫県】
    神戸市 西宮市 宝塚市 三木市 三田市 西脇市 加東市 豊岡市 姫路市 加古川市 尼崎市
    【大阪府】
    大阪市 豊中市 枚方市 高槻市
    【京都府】
    京都市 福知山市

    頭痛、腰痛、膝の痛みの症状改善に多くの方が来院されております。

  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • 整動協会
  • 鍼灸の症例が検索できるツボ辞典