神戸市北区‐三田市の鍼灸・整体が専門の梶谷接骨院・鍼灸院

腱鞘炎

サポーター・薬で治らない腱鞘炎の痛みは当院の整体・鍼灸治療で改善します

 

腱鞘炎とは

腱鞘炎 物持つのがつらい

腱鞘炎は、腱と腱鞘がこすれることで生じる炎症のことです。腱とは、筋肉と骨を結びつけている細いヒモ状の組織で、腱鞘は、この腱のところどこを包み込んでいる鞘(さや)のような組織です。

 

腱鞘炎ではまず前兆として、炎症によって腱や腱鞘が腫れ上がり、その部分に腫れ、熱感、痛みを感じます。

 

 腱鞘炎の初期段階では、腱鞘に腱が引っかかるようになり、腱がスムーズに動きにくくなります。また、腱を動かすと痛みが増し、ギシギシするような感じや引っかかっている感じもするようになります。

 

 一般的な腱鞘炎の原因

 

手をよく酷使する

 腱鞘炎は、パソコン作業やスポーツ、育児、手芸、楽器の演奏など、手指を酷使する人によく起こります。そもそも腱鞘炎とは、腱と腱鞘がこすれて炎症を起こした状態のことですが、手指を使いすぎると腱鞘が厚くなったり、腱の表面が傷ついたりして、こすれやすくなります。

 

女性ホルモンの影響

更年期や妊娠時・産後の女性も腱鞘炎にかかりやすい傾向があります。これは、女性ホルモンのバランスが乱れることで、手足がむくみやすくなることが関係しているのではないかと考えられています。

 

 梶谷接骨院・鍼灸院での腱鞘炎の施術

腱鞘炎の施術

 

同じ職場で、同じように手を酷使していても、腱鞘炎になる人とならない人がいますよね。なぜ、同じように手を酷使しているのに私だけが腱鞘炎になるの?同じ年代、産後でもなぜ私だけが腱鞘炎なるの?と思いませんか?なぜ薬も飲んでいるのに何で治らないの?と思いませんか?

 

腱鞘炎の原因は、手を酷使したり、ホルモンの影響だけではないのです。脊柱、肩甲骨、骨盤のどこかに動きの悪くなっている箇所が必ずあります。その動きの悪いところが、一か所の方もおれば、複合的に出ている方もおられます。その動きの悪いところをスムーズに動けるように施術しアプローチをしていくと、腱鞘炎は自然と改善方向に向かってくれます。真の原因は体幹のどこかに潜んでいます。痛みや症状の出た本当の原因が改善されないといくら薬を飲もうが効き目はありません。

動きを整える

当院では、「身体の動き」「身体の連動」に注目し施術を行います。

腱鞘炎の場合、「胸椎×肩甲骨」「脊柱×骨盤」の連動がスムースにできているか丁寧に触診し動きを観察していきます。連動がスムースにできていない箇所に鍼と整体をして身体全体が動きやすくなるように施術いたします。

 

当院ではとりあえず痛いところを揉む、鍼をするということはしません。

「腱鞘炎」を引き起こしている根本的な原因を見つけ、的確にアプローチすることで症状の改善と再発しにくい身体に調整していきます。

 

腱鞘炎の症例

腱鞘炎で悩んでいるあなたへ

 

 

梶谷接骨院・鍼灸院では、症状のある部位(痛いところ)だけにとらわれず、その症状を起こしている原因を突き止めるように施術いたしております。

 

運動力学、生体力学、運動機能解剖学の観点から原因を見つけたうえで施術を行っておりますので、病院や整体院などで改善しなかった場合であっても諦めず、ぜひ当院の施術を受けてみてください。

  • 078-982-7090
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2019年11月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【兵庫県】
    神戸市 西宮市 宝塚市 三木市 三田市 西脇市 加東市 豊岡市 姫路市 加古川市 尼崎市
    【大阪府】
    大阪市 豊中市 枚方市 高槻市
    【京都府】
    京都市 福知山市

    頭痛、腰痛、膝の痛みの症状改善に多くの方が来院されております。

  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • 整動協会
  • 鍼灸の症例が検索できるツボ辞典