神戸市北区‐三田市の鍼灸・整体が専門の梶谷接骨院・鍼灸院
ブログ

骨盤の歪み

" 腰痛, 施術 "

2018年7月13日

骨盤の歪みって何?

「腰痛で整体行ったら、骨盤が歪んでいるって言われました。」「テレビや雑誌を見たけど私も骨盤ゆがんでますか?こんな言葉が結構な頻度で患者様の口から出てきます。この「骨盤が歪んでいます」という言葉。

 

本当に骨盤は歪んでいるのでしょうか?

 

骨盤には仙腸関節という関節がありますが、解剖学的にほとんど動かない関節です。

 

では、一般的に骨盤の歪みとはどんな状態のことを言っているのでしょうか。

 

ほとんどの場合、骨盤の位置の左右差、つまり骨盤の位置が左右対称ではないこと(主には左右高低差の)を指して骨盤が歪んでいると言っています。

 

では、左右差があることは本当に体にとって悪いことなのでしょうか?

 

そもそも人間の体は左右対称にはできていません。臓器も左右対称には配置していません。利き手や利き足があるように、多少の骨盤の位置の左右差があることは自然なことで悪いことではありません。(差がありすぎることには問題があるかもしれまん)

 

個人によって骨や筋肉にクセもありますし、左右を均等にしたからいいという訳ではないのです。すべての人が左右差を持っていて、その中でうまくバランスを取って動いているのです。

 

腰の運動をするときはもちろん骨盤だけが動くわけではありません。股関節や胸椎、腰椎,手や足なども緒に連動して動き、多くの筋肉が関係してきます。どこかに異常が出て動きが悪くなると他の部分にも影響を及ぼし、結果として骨盤がスムーズに動かなくなります。さらには痛みなどの症状として現れるときがあります。

 

つまり、身体または骨盤の見た目の左右差(見た目の歪み)は大して問題になりません。一番大切なことは動きの連動性がいかにスムースに行われているかです。動きの連動性に狂いが出た状態を動きの歪みといい「見た目の歪み」とは全く違います。

 

梶谷接骨院・鍼灸院では、強引に骨盤を左右対称にしようとするのではなく、骨盤がスムーズに動けるように筋肉の調整して、骨盤の「自然な状態」を目指していきます。

この記事を書いた人

神戸市北区 岡場駅 梶谷接骨院・鍼灸院の梶谷和史です。

来院された方のために、熱意をもって最善を尽くし治療に挑みます。そして健康の喜びと感動を共に分かち合いたいと心より願っています。あなたを悩ませる、痛みやコリを楽にするだけでなく動きやすい体、痛みの出にくい体をつくるお手伝いをします。

カテゴリー: 腰痛, 施術. タグ: , , , .
  • 078-982-7090
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2019年10月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り